女性はストレス発散になぜ喋るのか

女性はストレスがたまると、友人と集まって時間を忘れるほどお喋りを楽しむ事でストレス発散する事ができます。
お喋りをして愚痴をこぼす、共感しあう事が目的なので解決策やアドバイスは基本的に求めていないのです。それはなぜでしょう。起源は人間が狩りをしていた時代に遡ります。その頃の女性の役割というものは、家に居て子どもや家庭を守ることです。また、群れで暮らしていたので同じ群れの他の女性たちと過ごす時間が長く、会話を通してコミュニケーションを取ることが円満な近所付き合いを保つためや様々な情報交換をするのに必要不可欠だったのです。そのため、女性はとてもお喋りが得意になり、お喋りが楽しいものだと思うようになったのです。

そのようなご先祖様のDNAが現代の女性たちにも受け継がれているのです。
おしゃべりを好きなだけすることで、楽しいという気分になりそれを誰かに聞いてもらう事によって、たまっていたストレスも消えてなくなってスッキリするのです。あくまでも、聞いてもらって共感してもらう事が目的なので、アドバイスをされたり、解決策を提示されたりすると女性のほとんどは楽しかった気分が一気に冷めてしまいます。女性同士ではないと思いますが、もし女性から愚痴をこぼされた場合、男性はくれぐれもアドバイスをしてあげたり解決策を提示したりしないようにしましょう。女性のこぼす愚痴に共感し、肯定しておけば女性はスッキリと朗らかな気持ちになれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です